フォト

プロフィール

  • ★☆★☆★☆★☆★

    ☆名前:小太郎
    ☆生年月日:2005.4.3
    ☆性別:男子
    ☆犬種:チワワ(ロング)
    ☆カラー:ブラック×ホワイト
    ☆体重:約5キロ
    ☆性格:超内弁慶
          へたれ
          過食

    ☆特技:
    犬並みな芸一般

    ☆長所:
    いつまでも臭わない毛

    ☆短所:
    ちょっと臭うお口


    ★名前:小太ママ
    ★生年月日:198?.9.1
    ★性別:女子
    ★特技:早寝
    ★好きなものこと:
    沖縄 ドライブ
    お酒 ジョギング
    チョコレート
    デート 旅行
    食べ放題

    ★嫌いなものこと:
    カエル 爪切り
    人混み ピーマン
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小太郎孝行 | トップページ | ぶらり新潟の旅 »

2011年11月 7日 (月)

未知との遭遇

咳が止まらず、肺が痛いです。

小太ママです。

みなさんグッモーニン o(_ _)oペコッ

昨日はAKKでお出かけしてきましたぁ~☆

そこでなんと!!

・・・・

こんな人に遭遇しました!

Img_2990

I`m fine!! (*^ω^*)ノ彡

今やダイハツの顔(笑)ブルースウィルスです。

実はこのブルース、人形なんです。

Img_2981

お台場で開催中のマダム・タッソーに行ってきました!

ブルースの他にも沢山の有名人の人形がありましたよ~

Img_2984_2

Img_2985

Img_2992

Img_2993

ホント似ているし実寸大という事でかなりテンションアップ↑↑

至福のひとときだったな~(◎´∀`)

マダムタッソーを堪能した後は、トリミングされていた小太郎をお迎えにいきました。

Img_2997

今回は丸刈りにはしないで、ちょこっとカットにしてもらいました。

小太郎と合流してちょこっとヴィーナスフォートをプラプラして

Img_3000

車に移動してご褒美タイムして

Img_3021

Img_3019

Img_3029

小太郎もお疲れ放心状態だったので帰りましたー(*^ω^*)ノ彡

トリミングって疲れるんだよね、小太郎お疲れさま☆

« 小太郎孝行 | トップページ | ぶらり新潟の旅 »

小太ママ」カテゴリの記事

コメント

TVでみて 行きたーいって思ってたんです~っ
すんごい リアルでびっくりーーっsign03
本物と写真撮ったみたいーっhappy02
アンジーとブラピと撮りたいなーっheart
わんこは やっぱNGかなぁ?
小太郎くん トリミングおつかれさま~
ツヤピカshineだぁgood

こんにちは。
モモパパです。
マダムタッソー。
テレビでとりあげられててそのそっくりさにビックリ!
その人形を生で見られるなんて~。
うらやましいな~^^。
映画「ダイ・ハード」ファンのボクとしてはブルース・ウィリスと写真を撮りたいな。
今はすっかりダイハツの顔となってしまいましたが・・・
このCMブルースが断らなかったってのがスゴイ!

小太郎ちゃんはトリミングできれいさっぱりだね^^。
でも疲れちゃったのかな。
お疲れ様^^。

まろんママさんへ

ホントそっくりでしたよ~(゚m゚*)
目線が合った時なんで「ドッキッ」ってしちゃいました~☆
触ってもOKだったしとっても楽しかったです

ワンコは残念ながら入れないので小太郎がヴィーナスフォートでトリミング中
に行ってきました♪
トリミング後の小太郎はスッキリサラサラでしたーo(*^▽^*)o

モモミオパパさんへ

私もテレビで見て知りました~☆
実際行ってみるとやっぱりすごかったですね(*^ω^*)ノ彡
一番似ていたのがブルースでしたよ!
実は本物ですって言われて納得するくらい(笑)
なぜ、ダイハツのCM出演OKしたんですかね?
トミーリージョーンズみたいなカンジですかね?
小太郎はおヒゲカットして子犬みたいになっちゃいました☆
お疲れだったみたいで、夜は爆睡してました・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1445805/42907060

この記事へのトラックバック一覧です: 未知との遭遇:

« 小太郎孝行 | トップページ | ぶらり新潟の旅 »