フォト

プロフィール

  • ★☆★☆★☆★☆★

    ☆名前:小太郎
    ☆生年月日:2005.4.3
    ☆性別:男子
    ☆犬種:チワワ(ロング)
    ☆カラー:ブラック×ホワイト
    ☆体重:約5キロ
    ☆性格:超内弁慶
          へたれ
          過食

    ☆特技:
    犬並みな芸一般

    ☆長所:
    いつまでも臭わない毛

    ☆短所:
    ちょっと臭うお口


    ★名前:小太ママ
    ★生年月日:198?.9.1
    ★性別:女子
    ★特技:早寝
    ★好きなものこと:
    沖縄 ドライブ
    お酒 ジョギング
    チョコレート
    デート 旅行
    食べ放題

    ★嫌いなものこと:
    カエル 爪切り
    人混み ピーマン
2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ペット

2011年8月24日 (水)

動物愛護法が改正されるんだって!

いつも小太ママが見ている、福島原発付近の動物の保護活動をしている方のブログがあります。

http://ameblo.jp/dj-murauchi/page-8.html#main

今回、5年に1度の動物愛護法改正があり、一般の自分達がその改正に対して環境省に意見を出せるそうなんです。

この事を知って、小太ママも意見を提出しようと思います。

といってもどうしていいのか全く分かりませんでしたが、上記のブログの作者の方が分かりやすくテンプレートを作成してくれてました。

もし、自分も意見を提出したいと思う方がいましたら、コピーで可能だそうなのでご利用下さい。

提出には期限があり、27日までだそうです。

いい方向に改正されることを願いますo(_ _)oペコッ

以下、転記しますね。


【募集】動物取扱業の適正化についてのパブリックコメント (8/12)
 動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ) が開始されています。
これは環境省が広く国民の意見を求めるというもので、
今回は
「深夜のペットの店頭販売」
「あまりに早い月齢で親から引き離しての販売」
「犬猫の繁殖制限」など現在のペットの生体販売における問題点対しての適正化案も用意されています。
メール・郵送・FAXで募集しており、簡単でもいいので送っていただければと思います。


「動物取扱業の適正化について(案)」に関するパブコメ が締め切り8月27日(必着)
もうすでにご存じかと思われますが、一人でも多くの方のパブコメが
虐待されている動物たちを救える手助けになります。
パブコメはコピーでも可能です。
内容は以下のものです。


以下内容に賛同されましたら、よろしければ全文コピーして(あるいは一部でも)環境省に送ってください。

簡単!パブコメ提出の手順

A4用紙に下記のように必要事項を書いて下さい。メールでもOK!!FAXでもOK!!

        「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見
1.氏名
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス
4. そして意見を書きます。

郵送する場合は 
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975  東京都千代田区霞が関1-2-2

メールの場合は shizen-some@env.go.jp
FAXの場合は  03-3508-9278



意見

(1)深夜の生体展示規制
賛成します。20時以降の生体展示を禁止してください。、展示時間は1日8時間以内、2時間おきに休憩とケージの清掃を行わせて下さい。   
                                                                                                                                         (2)移動販売規制ではなく禁止して下さい

(3) 対面販売・対面説明・現物確認の義務化
義務化に賛成します。従ってインターネットでの動物の販売は禁止してください。

(4)犬猫オークション市場(せり市)
オークションそのもののを禁止して下さい。


(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
8週齢未満では親から引き離さないよう規制して下さい。

(6)犬猫の繁殖制限措置
規制の導入に賛成です。最低限でも、2歳∼6歳まで、出産回数は年 に1回に規制して下さい。

(7)飼養施設の適正化
ケージの広さ、高さ、温度設定、運動時間、施設の掃除回数など具体的な数値を設定し、法規制して下さい

(8)動物取扱業の業種追加の検討
両生類・魚類販売業者、老犬・老猫ホームは動物取扱業者とすべきです。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
法令に違反した際、動物取扱業の登録拒否・取消を行える条項を追加することに賛成です。


(10)登録取消の運用の強化
賛成します。なお、廃業時に動物が路頭に迷ったり処分されるのを防ぎ救済するために、保証金、供託金制度を作って下さい。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
動物福祉の面から見て、現状でも十分とは言い難いのですから、適用除外には反対です。


(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
緩和に反対します。厳格化を望みます。

(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)
緩和に反対します。厳格化を望みます。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)
許可制にし、許可の基準も厳しくし、法令に違反した場合の罰則等も強化することを求めます。






環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975  東京都千代田区霞が関1-2-2

メールの場合は shizen-some@env.go.jp
FAXの場合は  03-3508-9278

2011年4月28日 (木)

警戒地域のペット達保護へ

今日から5月2日までの間に警戒地域にいる

ペット達の保護が始まってます。

みんなの想いが届いたみたいでホントよかった・・・

でも、もう少し早く決断して欲しかった。

みんなどんなに怖くて寂しくて苦しかったか・・・

野生化してしまっている子、警戒心が強くなっている子、

いろんな状態の子がいて、きっと保護は簡単にはいかないはす。

でも一刻でも早く苦しみから救ってあげてほしい。

今日も現地ではボランティアの方々は活動されていました。

ホント頭が下がる思いです。

自分は現地にいったり何も力になれませんが・・・

頑張って欲しいです!

全国には人間にせいで苦しんでいるペット達がいっぱいいます。

すべてのペット達が幸せになれる日がいつか来るといいな。

Img_11032_2

カフーアラシミソーリ

なんちゃってね。

みなさま、楽しいGWをおすごし下さい。

2011年4月23日 (土)

警戒地域

福島原発の20キロ圏内の立ち入り禁止区域が

21日に法的拘束力が強い、警戒区域になりました。

政府は今後、動物の保護も検討していくと言ってました。

本当にそうなるのかな?

状況を知った人達や色んな人がいっぱい活動してくれて、

その結果であればうれしいけど・・・

きっと口だけなんだろうなぁと思います。

今後、どうなるのかな。

改めて今回の地震・・・

ホント悲しいことばっかり。

2011年4月20日 (水)

原発、立ち入り禁止区域にいる動物たちは・・・

みなさんもご存知だと思います。

原発の立ち入り禁止区域には未だ動物達が取り残されていること。

恥ずかしながら、そんなに詳しい状況を知らなかった。

今度、その地域が警戒区域になるらしい。

そうすると、法的拘束力があって立ち入りが全くできなくなるらしい。

それって、飼い主を待っている動物たちを迎えに行けなくなるってこと。

救護に向かっているボランティアの人達も活動できなくなるってこと。

そうなったら。

動物達はみんな死んじゃう。

今でも動物達は変わり果てた姿になっている。

辛い現実だけど、

共食いまでしているらしい・・・

彼らだってそんな事したくなかったと思う。

でも生きるために仕方なかったんだよね。

必死で生きようとしているのに、政府は助けるどころか、見捨てようとしている。

人間の安全のが大事、優先。

もうそれは分かったよ。

だとしても、彼らは彼らだけじゃ生きていけないよ。

人間は大変だけど、協力し合ってなんとか生きてはいけてる。

じゃあ次は彼らを救う番だよ。

被災していない自分が言うのは無責任だったかもしれないけど。

お願いだから、動物達を保護してから警戒区域にしてほしい。

そこにいるワンコやニャンコみんな飼い主の事待ってる。

いつか帰ってくるって信じて待ってる。

突然出て行った飼い主の帰りを。

今、いろんなボランティアの人達が活動してくれてます。

みなしご救援隊 さん

http://blog.livedoor.jp/touhoku_inunekokyuen/archives/51880050.html

SORA 福島被災動物レスキュー さん

http://blog.goo.ne.jp/sora-fukushima/e/db558037f1d3fbcf50e3059b84f82a47

DJ村内 さん

http://ameblo.jp/dj-murauchi

自分は現地に行ったりできずとても無力だとおもいますが

この現状を伝えずにはいられませんでした。

感情的になって書いてしまいましたが、ペットを飼っていない人にも

知ってもらいたいです。

色々圧力はあると思うけど、もっとテレビとかラジオとかメディアで

報道してほしい。

隠さないで。